【開設編】ど素人がWordPress(ワードプレス)でブログ開設

ここでは、素人の方でもWordPress(ワードプレス)を使って早く簡単にブログを開設できるやり方を説明します。

WordPressのインストールはできましたか?まだという方は、下記のリンク先【超初心者編】と【インストール編】を参考に、インストールまでして下さいね。

10分~20分程度で完了する内容なので、すぐにできますよ。

ど素人が20分でできた!WordPress(ワードプレス)ブログのはじめ方【超初心者編】 【インストール編】WordPress(ワードプレス)でブログ開設

さて、いよいよ【ブログ開設編】になります。

ここまでで、サーバーという「家」を建て、ドメインという「住所」を用意しましたね。

そこに、WordPressが入居し、いよいよ新生活が始まります。

 

初めての一人暮らし、ちょっぴり不安だけど、わくわくどきどき

「オシャレな部屋にして、友達いっぱい呼ぶんだ♡」なんて時期、皆さんもありましたよね。

「I  LOVE  ○○」なんて自作ポスター貼っちゃったりね….(黒歴史)

 

はい。。脱線しまくりですみません。では気を取り直して本題に入りましょう

WordPressの初期設定をしよう

WordPressでブログやHPを作成する前に、初期設定をしておきましょう。

細かく設定するとたくさんあるのですが、できるだけ簡単にブログ開設をしたいので、必要最低限の設定を説明します。

早く「ブログを書く」ことで楽しさを知って欲しいからです。

 

初期設定で必要なのは

①タイトルとキャッチフレーズ

②パーマリンク設定

③テーマの設定

の3つです。

 

それ以外は、とりあえず初期段階ではデフォルトでいいです。

設定に時間かけて記事が書けないなんて本末転倒ですから。

さっさと終わらしちゃいましょう!

WordPressのタイトルとキャッチフレーズを設定しよう

タイトルはサイトの「表札」みたいなものです。

ぱっと見て、どんなサイトなのかわかるようなものが理想です。が、そうでない場合の方が多いですし、特に気にせず好きなタイトルをつけて良いです。(後で変えれるので、そんなに悩む必要はないですよ)

では、設定のやり方を説明します。

1.WordPressの管理画面にログインする。

インストール時に発行された、ログイン用URLへアクセスして、ログインしましょう。

2.左サイドバー下の「設定」⇒「一般」をクリック

3.「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を設定

下記のようなフォームがでますので、好きなタイトルとキャッチフレーズを入力しましょう。

実は、キャッチフレーズはSEO対策として、書く書かないの論争がありますが。。

(書かない方がいいと言う人もいる)

 

正直どっちでもいいです。そんな事で悩むより、記事を書きましょう。
ブログは中身が大事です。

 

ついでに、同じページの「WordPressアドレス」「サイトアドレス」「メールアドレス」も入れてください。

「WordPressアドレス」「サイトアドレス」は取得したドメインのURLがデフォルトで入っていると思ういますが、SSL設定をしている場合は「http」を「https」に変更してください。

 

「メールアドレス」は普段使っているメールアドレスを入力。

最後に「変更を保存」ボタンを押して終了です。

WordPressのパーマリンク設定

この項目、ちょっとだけ長いので結論だけ知りたい方は、

目次から「WordPressのパーマリンク設定まとめ」に移動してくださいね。

パーマリンクとは

パーマ・・リンク・・・?

はい、いきなりそんな単語出されてもね。

「パーマ」と「リンク」別々なら聞いたことあるけど、「パーマリンク」なんて知らんぞとなりますよね。

初めてWordPressでブログやHPを開設しようとすると、こういう耳慣れない言葉がよく出てきます。でも、安心して下さい。

大した事じゃないのに、カッコよく言ってるだけです。

会社でもいますよね、「コンセンサス~」とか「今日のアジェンダ~」とか言う人。横文字にするから、余計分かりにくくなります

パーマリンクというのは「記事ごとのURL」のことです。例えると、家の中の「各部屋の名前」の様な感じですかね。「子供の部屋」「ママの部屋」みたいなね。

このページでいうと[https://kawahoshi.com/practice/]のpracticeの部分がパーマリンクですね。記事を作成すると、パーマリンクが付与されるんですが、「どんなルールで付与するか」の設定がパーマリンク設定です。

パーマリンク設定のやり方

パーマリンクがどういったものか分かったところで、実際に設定をしてみましょう。

1.左サイドバー下の「パーマリンク設定」をクリック

2.デフォルトは「基本」になっていると思うのですが、カスタム構造を選択。

  記入欄に「/%postname%/」と記入

3.「変更して保存」をクリック

以上です。

今回の設定は「投稿名」をパーマリンクにするというルールにしました。
なお、「投稿名」は自分で任意の文字列を指定できます。逆に言うと、自分でパーマリンクを指定する手間が増えたとも言えます。

正直デフォルト設定でも、記事はかけますし、デフォルトは自動採番してくれるので楽です。

では、なぜわざわざ上記の設定にしたのか、次項で解説します。

WordPressのパーマリンク設定を変更する理由

なんでWordPress のパーマリンクのデフォルト設定変えたの?

デフォルト設定は「天下のGOOGLEが推奨していない」からです。

ほとんどのブロガーは、GOOGLEに媚びへつらって生きてます。(言い過ぎ)
なぜなら、GOOGLEが気に入らないサイトは、検索で上位表示されないからです。表示されなければ、記事が読まれることはありません。読まれない記事に価値はありません。(極論)

なので、みんなGOOGLEが気にいるような設定をしたり、記事を書いたりしているんですね。

まあ、GOOGLEは「ユーザーの利便性を追求する」を至上命題として掲げているので、ユーザーが求める記事を書くことが、上位表示される一番の早道であると言えるかもしれません。

ここで話をパーマリンクに戻すと、デフォルト設定の場合、GOOGLEで推奨されていない設定なので、何らかのマイナスの影響が働き、検索結果が下がる可能性があります。

GOOGLEでは、サイトのURL構造は「できる限りシンプル」且つ「論理的かつ人間が理解できる」ようにしろと言ってます。

デフォルトのパーマリンクだと下記の様なURLになります。

「https://kawahoshi.com/p=123

これだと、シンプルではありますが、「論理的かつ人間が理解できるとは言えないですよね。対して、自分でパーマリンクを指定したこのページは下記です。

「https://kawahoshi.com/practice/」

これなら、kawahoshi.comの中で「practice(練習・実践)」について書かれていると理解ができます。このようなパーマリンクだと、GOOGLEの検索結果にもいい影響があると言われています。ただし、実際にどの程度影響があるか、正確には分かっていません。

繰り返しになりますが、検索結果に一番影響があるのはコンテンツ(中身)です。パーマリンクの影響度合いはコンテンツによる影響に比べたら微々たるもの、という意見もあります。なので、「俺は中身で勝負するぜ!!」という人はデフォルト設定でもいいです。

パーマリンクは途中で変えれない??

初期設定でパーマリンク設定を行う最大の理由がこれ。後で簡単に変更できるなら、とりあえずデフォルトでもいいんだけど、ある程度記事が溜まってから設定変更すると、いろいろと問題がでます。

なぜならパーマリンク設定を変える = 記事のURLを変える ことになるからです。すると、それまでに自分の記事内で付けたリンクや、他のWebページに貼られているリンクがすべて無効になります。(リダイレクトとかすればいいんですが、それはそれで面倒くさい)折角積み上げて来た、ブログの実績がすべてパーなんて嫌ですよね?なので、初期のうちからちゃんと設定しておいた方がいいのです。

いちいち、投稿名を指定するのは面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくればペットに名前をつけるみたいで愛着が湧いてきますよ。「あっ俺のpracticeちゃんこんな沢山の人に読まれて喜んでるな」「今日は伸び悩んでるな、調子悪いのかな?」なんていう楽しみ方もありです。(キモっ)

WordPressのパーマリンクを指定してみよう

上記で、パーマリンクを設定する理由をご理解いただけたと思います。

次は、記事を投稿した時のパーマリンクの指定の仕方をご説明します。

 

①左サイドバーの「投稿」から「新規追加」をクリック

②記事タイトルを入れると、右サイドバーに「パーマリンク」という項目が出てくるので

そこのURLを変更する。(デフォルトだと記事タイトルの日本語のままになっている)

 

③日本語を消して、URLを変更します。

サイトを端的に表した分かりやすい単語にして下さいね。

これで終了です。

記事を書く前に、ちょろっと変更すればいいだけなので、特に面倒くさく感じる事は無いと思います。

自分で指定した方が、分かりやすいし愛着も湧くので良いと思いますよ!

パーマリンクは「カテゴリ+投稿名」にしなくていいの?

と思われた方、よく勉強されていて素晴らしいです。「どういうこと?」と思われた方向けに、一からご説明します。

上記で説明した、推奨のパーマリンク設定は「ドメイン+投稿名」になります。

ですが、実はSEO的に一番最適なパーマリンクは「ドメイン+カテゴリ名+投稿名」と言われています。

比較すると
①ドメイン+投稿名

「https://kawahoshi.com/practice/」(/practice/がパーマリンク)

②ドメイン+カテゴリ名+投稿名

「https://kawahoshi.com/WordPress/practice/」(/WordPress/practice/がパーマリンク)
のようになります。

①では、「practice」という投稿名しか分かりません。

②は「WordPress」というカテゴリの中の「practice」という投稿名だと分かります。

そして、②のほうがSEO的に有利だと言われています。「じゃあ②の方がいいじゃん!」と思われた方、早まってはいけません。

②の場合「カテゴリ名」がURLの中に入ります。とすると、カテゴリーを変更するとURLが変わり、記事のリンクが無効になります。上で説明した「パーマリンクを変えた場合」と同じ現象が起きるということですね。

記事が増えてくると「カテゴリ」を整理したくなるのはよくあります。ですが、どんな記事が増えるか分からない初期の段階では、「カテゴリ」を完璧に網羅するのは不可能です。

「今後永遠にカテゴリを変更できない」というリスクを追ってまで、パーマリンクに設定する必要はありません。なので、初めてブログを立ち上げようという方は「ドメイン+投稿名」が最適です。(慣れてきて2サイト目を運用するというような方は別ですが)

・・・それでも、まだ悩んでいるあなた。SEO対策でパーマリンクを悩むくらいなら、記事を書きましょう。

どんな設定にしようと、大した違いは無いです。(今までの説明台無し)

GOOGLEが「カテゴリ」をパーマリンクに入れただけで、中身の無い記事を上位表示すると思いますか?世界中から集まった天才プログラマ集団ですよ。ありえません。逆もまた然り。ブログで一番大事なのは中身です(本日3回目)

WordPressのパーマリンク設定まとめ

①設定は「ドメイン+投稿名」(/%postname%/)

②一度設定したら、滅多な事がない限り設定を変えるな

③投稿名を付けたら、愛着を持って育ててあげよう

④SEO対策で悩むくらいなら記事をかけ!

以上でパーマリンク設定の説明は終わりです。

WordPressのテーマ設定

テーマとは

また、WordPress用語でてきましたね。ただ、パーマリンクよりは直感的に理解しやすいかもしれないです。

「テーマ」とは、「部屋のインテリア」のようなもので、よく「テンプレート」言いかえられることがあります。どんなスタイルの部屋(ホームページ)にしたいかを選ぶということですね。シンプルなテーマ、かっこいいテーマ、有料のテーマ等いろいろあります。

どんなテーマにしたらいいの?

と思われた方、結論から書きます。

「自分が気に入ったテーマ」にして下さい。

うーん、元も子もないですね。。

WEBを検索していると、「SEOに強いテーマはこれだ!」「有料テーマじゃ無いと上位表示は難しい」と書かれている記事もあるので、迷いますよね。。。

でも初心者の場合は、ある程度ユーザーがいて、適時アップデートされているテーマであれば何を使ってもほぼ問題ないといえるでしょう。最近は無料のテーマでも非常に良くできてます。

ユーザーがある程度いたほうが良いのは、実績という面もありますが、分からない事があった時に調べれば何かしらの情報が得れる可能性が高いからです。おすすめのテーマをまとめた下記サイトが分かりやすいのでリンク貼っておきます。

ちなみに私は 「Luxeritas(ルクセリタス・無料テーマ)」 → 「SANGO(サンゴ・有料テーマ)」と使っていますが、有料テーマだからと言って表示順位が上がったという感覚はありません。

実際にいくつかキーワード叩いて、上位表示されるサイトのテーマを確認して見て下さい。実に沢山のテーマが使用されているのが分かると思います。無料から有料、有名どころからマイナーなテーマまでいろいろです。
本当に「SEOに強いテーマ」が存在するのであれば、検索上位表示は一部のテーマのみになってしまいますよね。

教訓:こだわり&やる気ある奴は有料使っとけ


じゃあなんで有料テーマに変えたの?
それはね、こんな感じの吹き出しとかを簡単に作れるからだよ

上記のやり取りに全て凝縮されてます。
もともとLuxeritas(無料テーマ)を使っていた私が、SANGO(有料テーマ)に変えた理由は楽だからです。

実は、シンプルなデザインの「Luxeritas」は凄く気に入っていて、表示も早く、SEO対策もされているという、文句のつけようがない無料テーマなのですが、ブログを書いていると「吹き出し作りたいな」とか「ここ見栄え良くまとめたいな」と思うことがしょっちゅうあります。

そういう時に、無料テーマって結構時間がかかるんです。
あ、もちろん私がど素人のせいですよ。わかってます。WEBで調べて、コード追加だのテーマ編集だのして、なぜか上手くいかなかったり、思ったのと違う動きをしたり。。。

サムネイルをふわっと出すを実現させようとして、1日を費やしても上手くいかなかった時、私の心は折れました。
SANGOを買ってテーマ設定した時は感動しましたね。だって何もしてないのにサムネイルがふわっと出るから。


「それだけかい!」と怒られそうですが、私の中ではこだわりたい部分だったのです。
それ以外にも

見出しとか

ボックスとか

たくさんの装飾ができるので、非常に重宝してます。
私が、これらの装飾を無料テーマでやろうとしたら、数時間~数日かかると思われるので、時給で考えたら購入した分の元は取れているかなと思います。
ちなみにSANGOは1万円で購入できます。これを安いと思うか高いと思うかは、人次第ですね。

私の様にいろいろ細かい部分が気になる~という方は有料テーマにしておいて損はないと思いますよ!

とくにこだわり無い方は、無料テーマで十分です。というかデザインだけ見れば私はLuxeritasの方が好きです。

さあ気に入ったテーマを見つけて、ブログを開始しましょう!!

あ最後に

細かいテーマの設定の仕方等はWEBでいくらでもでてくるので、リンク貼っておきますねー!(丸投げ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です